ふくおかのお魚フェア福岡県で獲れる旬の魚が食べられるスポットを
紹介するポータルサイト「ふくおかの魚フェア」
只今「冬魚フェア」開催中!

今が旬!冬魚が食べれるお店

福岡市

博多湾で獲れるアサリ

博多湾で獲れるおいしいアサリ

大潮の日、砂浜からちょっと沖に出た海の中に、胸まで海に浸かってなにかを獲っているような男たち。深い場所なのに上半身は海から出て、ちょっと不思議な光景。これは鋤簾(じょれん)という道具を使ってアサリ漁を行なう漁師たちの姿だ。鋤簾はカゴをつけたクワのような形状で、海底の貝類をかき寄せる道具。足には高さ30〜50センチほどの下駄を装着しているので、深い場所でも上身が出て見えるというわけだ。

 姪浜漁協では9人ほどの漁師たちがアサリ漁を行なっているが、漁ができる日は4月から9月までの潮位50センチ以下になる大潮の日に限っているので、実際に漁に出る日は月に8〜10日くらいだという。1日に獲れる量は50キロ程度で、獲れたアサリは1日海中に吊るして砂抜きした後、福岡市鮮魚市場の競りに出すか、毎週日曜5:30からはじまる『姪浜の朝市』でも売っているそうだ。「姪浜産のアサリは味がいいと料理人の評判もいいそうです。朝市に出した時はすぐに売り切れてしまいます」とのこと。早起きして買いに行く価値はありそうだ。