ふくおかのお魚フェア福岡県で獲れる旬の魚が食べられるスポットを
紹介するポータルサイト「ふくおかの魚フェア」
只今「夏フェア」開催中!

今が旬!秋魚が食べれるお店

福岡市

JF福岡漁連 加工事業所

冷凍イカを侮るなかれ! 西浦で「一本槍」を急速凍結!!

糸島半島最北端に位置する西浦漁港で、イカの急速冷凍を行う施設があるというので訪ねてみた。午後2時に港に向かうと、ちょうど2隻の漁船が、岸壁に船を着けて水揚げの真っ最中だった。何を揚げているのかと覗いてみると、福岡県が誇るブランドイカ『一本槍(ケンサキイカ)』だ。漁船から水揚げされたイカは、同じ漁港に隣接したJF福岡漁連(福岡県漁業協同組合連合会)の西浦加工事業所へ運ばれ、少し休ませた後、波板に1杯ずつ並べ「トンネルフリーザー」という機械によりマイナス32℃で急速凍結する。夏に向けて徐々に漁獲量が増えてくるケンサキイカだが、たくさん獲れたとしても、一日に消費される活きイカの量は変わるものではない。

当然、需要を超えてしまう時もある。そこでJF福岡漁連が3年前から導入しているのが、獲れたてのイカの美味しさをそのまま保存できるイカの急速冷凍システム「IQF」だ。IQFとは「個別に素早く凍結する」という意味の「Individual Quick Frozen」の略。通常の冷凍よりも、食品細胞の破壊を抑え、食品の鮮度やうま味を保持できるというメリットがある。多く獲れる時期にJF福岡漁連が釣ったばかりのケンサキイカを買い取り、IQFにより1杯ずつ丸のまま急速冷凍して保存している。宴会料理など一度に多数量が必要な場合にもいつでも提供できるとして、ホテルなどからの注文が増えているとJF福岡漁連・加工事業所長の江上英典さんは言う。「冷凍イカはファストフードですよ!半ナマ解凍にすれば、さばくのも簡単だし、後は切って醤油と好きな薬味があれば、すぐにお酒のアテになるんですから、とても便利な食材です」江上さんは、目の前でさくさくとイカをさばいて、いとも簡単にイカの刺身をつくってくれた。確かに歯ごたえもあり、うま味もある。冷凍庫にこれさえあれば、週末はきっと「一本槍の姿造り」を家族に披露できるにちがいない。れいに足を折り曲げ正座した冷凍の一本槍。冷凍の『一本槍』は福岡市西区西浦のJF福岡漁連加工事業所で購入できる(要予約)。

JF福岡漁連 加工事業所
福岡市西区大字西浦1078
092-809-2826