ふくおかのお魚フェア福岡県で獲れる旬の魚が食べられるスポットを
紹介するポータルサイト「ふくおかの魚フェア」
只今「夏フェア」開催中!

今が旬!春魚が食べれるお店

筑前海の一本槍

筑前海のケンサキイカ『一本槍』

玄界灘で漁師たちが一本一本丁寧に釣り上げ、活きたまま福岡県内の港に水揚げされる、胴長15センチ以上の「ケンサキイカ」を、福岡県では『一本槍(いっぽんやり)』というブランド名で呼んでいる。槍のような姿形から「黒田節」の歌に登場する天下銘三槍の一つ「日本号」の逸話に因んで付けられた名称だ。ちなみに「ケンサキイカ」という名前は標準和名で、福岡では地方名の「ヤリイカ」という名で通っている。実は標準和名には「ヤリイカ」という名前のイカも存在するのだが、「ケンサキイカ」とよく似た形状をしているが、こちらは福岡では「ササイカ」と呼ばれ、異なるタイプのイカである。

 『一本槍(ケンサキイカ=福岡名ヤリイカ)』が多く漁獲される季節は、主に5月から10月。寒くなると居場所が深くなったり、遠い場所に移動したりするため、漁師たちは狙うイカの種類を少しずつ変えていく。例えば『一本槍』の季節が始まる前の2月〜6月は「甲イカ」を、『一本槍』の季節が終わる10月〜11月は「スルメイカ」を獲るという。しかしコリコリとした歯ごたえを楽しむなら『一本槍』をおいてほかにない。

 『一本槍』はとにかく鮮度が命。漁師たちはその鮮度保持に細心の注意を払いながら、港に水揚げしなければならない。特に『一本槍』の活き造りであれば、その透明感と噛むほどに広がる甘みは格別。たとえ活きイカでなくとも、福岡は水揚げ港に近い分、とても新鮮なイカを一般市民でも手に入れることができる。鮮度を見分ける方法は、イカの体全体が真っ赤に染まっていること。イカは緊張すると皮膚にある色素胞が広がり真っ赤になるが、死んですぐのイカも筋肉が硬直して赤くなる。しかし時間がたつと緊張が緩み白くなっていく。もしも氷の上に赤いヤリイカが並んでいたら、それは新鮮なうちに急速冷凍されました…というお墨付き。

この夏はぜひとも〈ふくおかの地魚応援の店〉で、鮮度の良いイカがいかに美味しいのか、味わって確かめてみてほしい。