【林剛寛さん】

料理好きの父親に影響を受け、中学生の頃から、飲食業に興味を持つようになったという林さん。高校卒業後、調理専門学校に入学。「和食に進みたい」という思いから『魚蔵』に入る。先輩たちの料理を見て、「味だけでなく見た目の美しさも意識するようになりました」と話す。

【店舗メッセージ】

福岡近海の魚介をはじめ、対馬のブランド魚『紅瞳』(ノドグロ)なども扱う店。スタイリッシュな店内な大切な人のおもてなしに最適。

博多 魚蔵

夏に旬を迎えるマゴチは、冬のフグにも負けない上品な味と食通たちを唸らせる。「マゴチのプリプリとした食感が好きです。夏らしいしゃぶしゃぶ仕立てを、特製ポン酢で食べてください」と林さん。注文が入ってからしゃぶしゃぶにして、表面は火を通しているが中はレア状態にして味を凝縮。付け合わせの野菜はカツオ出汁で茹でた後、さらに出汁に漬けたもの。血合いを取り除いたカツオ節で出汁をとり、雑味のない味わいに。

住所 福岡市博多区博多駅東2-1-1 都ホテル2階
電話 092-433-5214
営業時間 11:00〜15:00(OS14:00)/17:00~23:00(OS22:00)
定休日 なし